不動産取引の活発化

男の人

日本で不動産取引を行う場合には土壌汚染の洗浄や土地の液状化に対して事前に措置をする必要があります。土質を改善するためには土質改良機を導入する必要があります。土壌汚染においては農業先進国のオランダの土質改良機を採用することが一般的です。液状化対応にも土質改良機が重要となっています。

詳しく見る

オススメ記事

建設残土を有効利用する

作業員

土質改良機は、建設現場等で発生した残土の質を整え、固化剤を混合・攪拌することで強度をアップさせることのできるマシンです。改良された土は盛り土・土地造成・埋め戻しなどさまざまな用途にリサイクルすることが可能です。

詳しく見る

特殊な環境機械

工事現場

土地の開発には土地の造成が必要ですが、その際に造成地の地盤が軟弱である場合には土質の改良による強度の改善が必要になります。その際に利用されるのが土質改良機で、固化作用のある添加物を土砂に混ぜることで、土質を改良するのに用いられます。

詳しく見る

不要な土をリサイクル

レディ

住宅の建設現場などで大量に発生する処分に困る不要な土を、高品質な土へとリサイクルすることが出来るのが土質改良機です。土質改良機はメーカーの生産台数も少なく、レンタルするにも扱っている業者が少ないために早く導入したいという場合にはコストも抑えられる中古車が便利です。

詳しく見る

レンタルと購入 

メンズ

土質改良機は建設現場での土を高品質な土に処理リサイクルするものですが、利用方法としては新品購入・中古購入・レンタルの3つの方法があります。それぞれメリットがありますので、納期や工事施行期間、さらには費用面を十分考えて適切な方法を選択するのがベストです。

詳しく見る

改良機の種類 

工事現場

処理方法の違い

水分の多い軟弱土の土質改良において、欠かす事の出来ない機械に土質改良機があります。土質改良機はセメント系や石灰系など固化作用のある添加剤を土に混ぜ、地盤の強化に用いられます。日本は平野部が少なく、海や川など水気の多い土地の造成が多くなるため、水分の多い軟弱土壌でも十分な強度を得られる土質に改善できる土質改良機は、活躍の場が多い環境機械です。そんな土質改良機の構造は比較的単純で、原料土と添加剤を加えるホッパーと、その土を混ぜる混合室、そして改良された土を排出するコンベヤから出来ています。そして土質改良機は自走式なので機体には簡易的な操縦台と、キャタピラーがついています。基本的な構造はほぼ一緒ですが、攪拌方法については種類があります。主にパドルのついたシャフトが回転して処理するもの、またはカッターとハンマーの複合的なギミックによって処理するものの2タイプがあります。パドルで攪拌するものは、主に2本のパドルのついたシャフトが回転して、土と添加剤を混合する仕組みになっています。一度に処理できる土の量が多く、さらに土が細かく攪拌されるので良質な改良土を得られるメリットがあります。一方カッターとハンマーによって攪拌するものは、回転するカッターによって土の塊を切って細かくし、同じく回転するハンマーによって土を粉砕する仕組みになっています。処理のパワーが大きく、大きく堅い土の塊でも強力に粉砕できます。パドル式の土質改良機は粘土質のきめの細かい土壌、一方カッターハンマー式の土質改良機はは堅く土の塊が混じりやすい土壌で効果を発揮します。作業現場の状況に応じて、使用する土質改良機の種類を選ぶようにすると効果的な運用ができます。

Copyright© 2017 土質改良機の必要性や使い方をリサーチしてみよう! All Rights Reserved.