レンタルと購入 

メンズ

費用の違いを考える

土質改良機は建設現場での粘土性・水を含んだ土を高品質な土に処理リサイクルするものです。建設現場にはこの土質改良機は必須なものですが、この利用にはレンタルと購入の2パターンがあります。特に購入であれば中古品と新品購入の2つが考えられます。まず新品購入においては2000万から4000万程度がかかってきます。土質改良機は特殊機械なのでこの程度の費用がかかりますが、ポイントは新品は一定利用後で売却をしようとした場合、査定額で1000万程度つく可能性があるという点です。ただし納車には2か月から3か月程度要する上に、モデルチェンジにぶつかると1年程度待つ可能性もあります。これはメーカーが在庫を保有しておらずさらに生産台数が月に3台から4台程度という事もあり、時間がかかります。では中古の場合は納車も早く、購入費用も安く抑えられます。しかし状態がその土質改良機によってばらばらなのでしっかり確認して購入する必要があります。レンタル利用の場合は手軽ですが、コストが月に250万程度かかると考えると、年間で3000万近くなります。メンテナンスやその他の手間はレンタルなので楽ですが、長期利用の場合は購入する方がコストが安くなります。また取り扱っているレンタル会社も少ないので適切なレンタル会社を見つける必要があります。このように土質改良機の利用には様々な方法があり、それぞれメリットがありますが、工事の施行期間等も考えて適切な方法を選択する事がベストです。

Copyright© 2017 土質改良機の必要性や使い方をリサーチしてみよう! All Rights Reserved.