不動産取引の活発化

男の人

環境に対する意識向上

日本では少子高齢化の進展によって住宅に対するニーズが減少している反面、訪日観光客の増加や物流改革の必要性などによって不動産取引が活発化しています。環境問題の深刻化を踏まえて、不動産取引においても土壌汚染が問題になっています。不動産取引を行う場合には売主か汚染土壌を洗浄することが義務付けられているため、土質改良機による浄化が重要になっています。日本の土質改良機は主にオランダから導入されるケースが一般的になっています。オランダは農業に関しては世界でも有数の技術先進国となっており、日本の企業もオランダの企業と土質改良機の技術提携を行って導入することになっています。土質改良機にも定置型と移動式がありますが、大量の土壌に対応するためには定置型が対応し、コスト面で運送費を削減できるということで移動式だ採用されています。土質改良機には軟弱地盤に対応して土地を固める機能を保有するものがあります。東日本大震災以降、土地の液状化が大きな問題になっており、住宅地をサンドパンクション工法などを採用して強化するニーズが増加しています。従来では基礎工事の部分がコスト面で多少疎かにされていたきらいがありましたが、最近の消費者ニーズの変化に対応するために土質改良機による対応が不可欠になっています。土地においては経年変化による自然な沈下はやむを得ない面がありますが、土地改良機による土質の改善は経年劣化を大きく改善することが可能となります。

Copyright© 2017 土質改良機の必要性や使い方をリサーチしてみよう! All Rights Reserved.